FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年9月4日、20時50分
祖母が旅立ちました。
享年96歳。大正~昭和~平成と生き抜いた祖母。
今日、家族葬で、祖母を見送りました。

10日程前、何でもよく食べていた祖母が、ここの所食欲がないと、
入所していたグループホームから連絡があった。
両親が新しいパジャマを持って、9月4日に様子を見に行った所
いつもと様子が違っていたそうだ。
口を開け、手を上げたり、足を動かしたり、
父の問いかけに1度だけ、目があっただけ。
1か月前まで、1人前のお寿司をぺろりと食べていたのに、
ゼリーやスイカしか食べられなくなっていた。
もう、長くはないから、週末に、妹たちと一緒に会いに行きなさいと、
父から言われた。
それから数時間後に、脈が取れなくなったと、ホームから連絡があった。
両親が駆け付けた所、息を引き取っていた後だった。
両親が会いに来るのを待って、会えてから、
安心して旅立ったように思える最後だった。

習字と裁縫はプロ級の腕前。
お花にお茶、俳画にカラオケと多趣味だったが、
料理は嫌いな祖母だった。
情に流されることなく、ぶれない心を持っていた事もあり、
時に冷たく、時に厳しい言葉を言う時もあった。

「おばあちゃん」ではなく、「ばばちゃん」と呼んでいたのは
父がそう呼ばせたのだろう。
じじちゃんは、優しくて孫に甘かったが、
ばばちゃんは、きちんとした厳しい人だった。

家にいた時もそうだったが、下の世話は頑なに嫌がり、
ホームに行っても、変わらず、最後の4,5日は立つことができなくなり
お世話をしてもらったそうだが、それまでは自分でやっていたそうだ。

ばばちゃんは、美肌の持ち主だった。
安らかな、眠るようなその顔は、96歳に見えないすべすべの肌だった。
ホームに入るまで、私がカットしていた髪の毛。
前に会った時より、だいぶ痩せていたが、
声をかければ、「なに?」と目を開けそうな顔だった。

大往生だねー
泣きながら、「あっぱればばちゃん!」と声をかけた。

自分の記録の為に、続きは又綴ります。
スポンサーサイト
Category: 家族の事
現実に引き戻されて・・・ | Home | 変えられるのは自分の心

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/08 (Sun) | # | | Edit

鍵コメさんへ

大変遅くなってごめんなさい<m(__)m>
コメントありがとうございます(*^-^*)

鍵コメさんのコメントをしみじみ読みました。
ばばちゃんの事を、こんな風に毎日思う事は
今までなかったなーと、日々思いながら過ごしています。

じじちゃんとばばちゃんから
沢山愛情を受け、いつも見守ってくれました。
息子も、おじいちゃんおばあちゃんとの同居から
同じように思う時が来るのでしょうね・・・
そうあって欲しいな。

心に寄り添ってくれて・・・
ありがとうございます(*^-^*)鍵コメさん。

2013/09/17 (Tue) | bunkoro #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。