上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年前、忙しい日々を過ごしていたっけ。

年末に妹が妊娠している事が分かり、従兄弟の結婚が決まり、
大口の仕事が決まり、バタバタといい事が続いた。

95歳の祖母の認知症が進み、
大病した母が介護をするのも大変になってきていた。
私も仕事があり、ホルモン治療中だったから、母の代わりはつとまらない。
家族で相談し、認知症専門のグループホームを区内で探しました。
条件の合う所が、タイミング良く見つかったので、早速相談して、
入所を決めました。
父の気持ちが揺れているのを、そばで見ていて、痛いほど感じた。
母も嫁として、最期を看取ってあげたい気持ちがあったのに、
自分の為に、家族の為に、決断した事。
両方の気持ちが分かるから、祖母にとって居心地の良い場所である事、
これで良かった!と思えるようにと、願っていました。

まさか・・その1ヶ月後に自分が転移している事を知るなんて思いもせずに・・。

ブログにも綴った様に、身体の異変は感じていました。
疲れだけではないだるさ。
妹に勧められて行ったマッサージも1日しかもたない。
胃腸の調子が、薬を飲んでも治らない。
逆流性食道炎の症状とよく似ていたので、勝手にそう思い込またり。
それでも、仕事やボランティアをして、気を紛らわせ、
夜はぐったり、というような生活を続けていました。

祖母の入所が3月の初めに決まり、祖母がデイサービスに行っている時間に、
少しずつ片づけ始めました。
几帳面であまり物を持たない祖母の箪笥の中は
とてもきれいに整頓されていた。

「ほんとにこれで良かったのかなー」

でも、この言葉が母を傷つける。
母は嫁として42年。祖母が母に辛く当たった事も沢山あった。
同居するまで、家事全てを、母1人で文句も言わず、やってきた事。
母もやっと解放される。

決めた事を、覆すような事をしないと心に決めて。

あれからもうすぐ1年。祖母はグループホームで元気に過ごしています。
4月の誕生日で96歳になります。
私はなかなか会いに行けないけど、送られてくる写真や
会いに行った両親の話から、「これで良かったんだ」
と心から思えるようになりました。

来月は半年ぶりに祖母に会いに行きます。
祖母より、両親より、先に逝く事になったら・・・
と思った時からもうすぐ1年。

ばばちゃん、私の事分かるかな・・・。
スポンサーサイト
Category: 自分の事
小学校の展覧会 | Home | これからの治療を考える

Comment

おばあ様、もうすぐ96歳を迎えられるんですね
グループホームにおられるということは自分で結構動くこともできるんでしょうか?
認知症は治すことは困難ですけど、元気で過ごされていることは素晴らしいですね
bunkoroさんが会いにいったときにわかってもらえるといいなー

2013/02/09 (Sat) | NAOミンゴス #- | URL | Edit

Re: タイトルなし

NAOさんいつもありがとうございます☆彡
祖母は、自分で動く事も出来るので、トイレやお風呂も
1人でしています。私が子供の頃は、厳しい祖母でした。
でも、祖母がホームに行く前の晩は涙が止まらなくて。
父もやっと、「お袋にとって、良かったなー」と言っています。
私の事忘れていると思いますが、会えるのが楽しみです。

2013/02/09 (Sat) | bunkoro #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。