上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMAG0293_1_1 (450x253)
つゆくささんが送ってくれた田んぼアート!つゆくささんありがとう(^-^)


沢山綴りたい事があっても、綴れない日々を過ごしていました。
上野でのリレーフォーライフに参加して、感動な出会い。
ばばちゃんの事も、色々思い出が過る日々。
でも、
今、主人と息子が、それぞれ大きな課題を目の前に
頑張っていて、その事が私の頭の中を駆け巡っている。
検査結果は良くないけど、頭の中を自分の事で縛られる余裕もない。

なので、
しばらくブログをお休みする事にしました。
大雑把な私なので、忘れて、綴る事があるかもしれませんが(^^;
今は、ちょっとブログを置いて、家族の事に集中します。

いつも読んでくれて、本当にありがとうございます!
一緒に頑張りましょうね!
の、心は、いつもいつも変わりません!

悩み、苦しむ事は逃げても、避けても、何も変わらない。
新たな挑戦も、結果を恐れては前に進むこともできない。
主人、私、息子、それぞれの立場で、新たな挑戦を前に、強気で頑張るしかありません。

それぞれの立場で・・・!
一緒に頑張りましょうね!

又、綴りたくなった時に、帰れる場所があるように、ブログはこのまま
残しておきます。

ありがとうございました。

bunkoro
スポンサーサイト
Category: 思う事
IMAG0299_1_1 (339x450)
ばばちゃんの事を、綴りたいのに
今日は、腫瘍マーカーの結果で撃沈・・・・・・・・・・・・・。
体調は悪いのに、自分の事は後回しになっていた日々が続いていたし、
病院行くのを忘れそうになるくらい、バタバタしていたから、
現実に引き戻された感じ・・・・・・・・。
前回の倍近くにまで上がっていたマーカーで、一気に目が覚めた・・・・・。

いっぱい綴りたいことがあるのに・・・・
綴れない・・・・。
やるせない気持ちと、負けたくない気持ちと。

でも、
又前を向いて、この場所に戻ってきます(^-^)

だから
一緒に頑張りましょうね(^-^)

お返事遅くなっててごめんなさい。
2013年9月4日、20時50分
祖母が旅立ちました。
享年96歳。大正~昭和~平成と生き抜いた祖母。
今日、家族葬で、祖母を見送りました。

10日程前、何でもよく食べていた祖母が、ここの所食欲がないと、
入所していたグループホームから連絡があった。
両親が新しいパジャマを持って、9月4日に様子を見に行った所
いつもと様子が違っていたそうだ。
口を開け、手を上げたり、足を動かしたり、
父の問いかけに1度だけ、目があっただけ。
1か月前まで、1人前のお寿司をぺろりと食べていたのに、
ゼリーやスイカしか食べられなくなっていた。
もう、長くはないから、週末に、妹たちと一緒に会いに行きなさいと、
父から言われた。
それから数時間後に、脈が取れなくなったと、ホームから連絡があった。
両親が駆け付けた所、息を引き取っていた後だった。
両親が会いに来るのを待って、会えてから、
安心して旅立ったように思える最後だった。

習字と裁縫はプロ級の腕前。
お花にお茶、俳画にカラオケと多趣味だったが、
料理は嫌いな祖母だった。
情に流されることなく、ぶれない心を持っていた事もあり、
時に冷たく、時に厳しい言葉を言う時もあった。

「おばあちゃん」ではなく、「ばばちゃん」と呼んでいたのは
父がそう呼ばせたのだろう。
じじちゃんは、優しくて孫に甘かったが、
ばばちゃんは、きちんとした厳しい人だった。

家にいた時もそうだったが、下の世話は頑なに嫌がり、
ホームに行っても、変わらず、最後の4,5日は立つことができなくなり
お世話をしてもらったそうだが、それまでは自分でやっていたそうだ。

ばばちゃんは、美肌の持ち主だった。
安らかな、眠るようなその顔は、96歳に見えないすべすべの肌だった。
ホームに入るまで、私がカットしていた髪の毛。
前に会った時より、だいぶ痩せていたが、
声をかければ、「なに?」と目を開けそうな顔だった。

大往生だねー
泣きながら、「あっぱればばちゃん!」と声をかけた。

自分の記録の為に、続きは又綴ります。
Category: 家族の事
IMAG0293_1_1 (295x350)

あまりの暑さに、思考回路が変になってくる。
それでなくても、ここの所、変な緊張感と、居心地の悪さに
頭も肩もパンパンで、副作用なのか、夏バテなのか、分からない(*_*)

先日、「優しくなろう」とタイトルで綴ったちょっと前から
なんとも言えないギスギスした雰囲気が家の中を漂っていた。
自営業の我が家は、今頃からぐんと忙しくなる。
昨年は、私も体調の良い時に、工場に出て一緒に働いた。
今年は、そこまで体調がよくないので、座ってできる事だけ手伝っているが・・・
主人が苛立っているのは、言葉に表さなくても伝わってくる。
根は優しい人だから、暴言を吐いたりする事はないが、私にだけでなく
両親に対しても苛立ちを見せる時は、さすがに私も板挟みになって疲れてくる。
こんな事・・・今までも何回も経験している事。
でも、全く慣れないし、その度に、主人が仕事を継いだ事を後悔する。
絶対主人には言えないけど・・。
家のような仕事は、後継者問題で、会社をたたんでしまうケースが増えている。
その中で、主人が仕事を継いでくれた事で、父は相当羨ましがられたようで、
誇らしく思っているようだ。両親が喜んでいるのは、娘として素直に嬉しい。
主人にも感謝している。
でも、実際、先の見えない不安は、常にあり、一緒に働いている父や叔父には
年齢的にも、そんなに負担はかけられない。
主人なりに、今後どうしたらいいのか、色々考え
今日も1人で働いている。
本当によく頑張っている。

大きく変わるとき、変わらなくてはいけない時は、困難がつきものだ。
今、自分の体調や、今後の事を考えると、不安と焦りで、考えても答えの出ない事で
頭の中がぐるぐるしています(*_*)

でも、1つだけ私が変える事が出来るのは、自分の心。
転移した事、延命治療も、自営業も変えられない現実だが、
それに負けない自分になる事は、唯一、自分が出来る事。

「もうやだ!」と言って投げ出してしまいたい事も、
逃げずにきたから、今があるんだろうな・・・
昔の悩みが、小さく感じるのも、乗り越えてきたからだろうな・・・

私なら乗り越えられる!と自分を励ましながら
負けない心を持とう。

いつも読んでくれて、本当にありがとうございます☆
同じ言葉ですが、

一緒にがんばりましょうね!
Category: 思う事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。