上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMAG0290_1_1 (338x450)

青が好き

いつも身に着けているネックレスとブレスレット

買ったばかりの青いカーディガン

20年前に母にもらったリバティのスカーフ

今夏届いた、ブルーのカード (ありがとうございます☆)

落ち着くなー・・・・・。ほっとするなー・・・・

今朝は、気持ちの良い青空だった。

意識して深呼吸するようにしたら、体もすっきりする。

副作用は・・・ちょこちょこ出現中。

でも、前よりはずいぶん楽になりました(^-^)

今日も1日に感謝して(^-^)

一緒に頑張りましょうね!
スポンサーサイト
Category: 思う事
昨秋、25歳という若さで、自ら・・・・
旅立ってしまったK君。年末に知り、ブログにも綴った。
K君の長姉のSちゃんが、実家に帰って来ていて、従姉妹も来ているから
会いたいと、メールがあった。
Sちゃん、次姉のMちゃん、従姉妹のEちゃんとYちゃん。
K君も含め、皆ピアノを教えていたのは12年前。
皆そろって会うのは、10年振り。
今、EちゃんとYちゃんはアメリカで暮らしている。
Sちゃんと、Mちゃんの子供もいたから、にぎやかに思い出話に花が咲く。
でも、思い出話には、どうしてもK君の存在が欠かせない。
なぜ、K君が死を選んでしまったのか・・・・
時間が経って話せる事と、時間が経っても話せない事がある。
この場所に、私を呼んでくれた意味を考える。

K君は、自分のやりたい事が見つからず模索していた・・・
6年前、ピアノを弾きたいと私の所に来た事をみんな知らなかった。
K君が選曲したのは、映画「菊次郎の夏」の「summer]
どんな気持ちで弾いていたのだろう・・。

Yちゃんが、「Kは小学校の時が1番楽しかったって言ってたなー」と言った。
一緒にピアノを弾いてた頃のK君はいつも皆を笑わせていた。
ただ、ご両親が早くに離婚していた事もあり、寂しがりやで甘え坊な一面もあった。

Mちゃんが、「こうしてみんなでKの話をしていたら、どこかで聞いているかもしれないね。」と。
私もそんな気がしてならなかった。

転移した事で、「死」を意識しない日々はない。
人はいつか必ず「死」が訪れる。
精一杯生きて!と、自分が出来なかったK君が残してくれたメッセージ、と私は思う。
「大きな壁にぶつかった時、自分1人じゃないという事を思い出して、
皆で助け合っていこうね。」
こんな悲しい思いを、絶対にさせたくない。

今日、Sちゃんが、午後に帰るからと家に来てくれた。
Sちゃんの一生懸命な笑顔に、切なくなった。
年末は家で、クリスマス会をしようと約束した。
帰りがけに涙ぐむSちゃん。
「先生の家に来ると、懐かしくて、思い出す・・。」と。
私は、心に寄り添ってあげられているのかな。
何か力になれる事はあるのかな。

一生懸命生きよう。
どんな事にも諦めずに生き抜こう。

いい事ばかりの中では、そんな風に思えない。
辛い事の中で、苦しんでもがいた中で、
「生きる」意味を真剣に考える事ができる。

いつも本当にありがとうございます!
負けないで、一緒に頑張りましょうね!
Category: 思う事
IMAG0281_1_1 (227x250)

昨日は、久しぶりにミシンを出した。
私が、ミシンを使う時は、何か作る時ではなく、何か繕う時。
主人の破けてしまった作業着に当て布をした。
古くなって、履けなくなった作業着の使えそうな所を切っておいたものを
裏からあてて、周りを縫う。
表に返して、破けた所を上からギザギザに縫うのである。
主人が、家の仕事をやるようになって母から教えてもらった事。
節約にもなるが、特に夏は、くたっとした作業着の方が肌には心地いいらしい。
息子もよくズボンの膝を破いたので、しょっちゅう縫ったり、貼ったりしていた。
でも、こういう作業が私はちょっと好き。
新しいものをすぐに使うより、こうして、直して使う方が、丁寧な感じがして。
けっして器用ではないので、作るとなると、縫い目も気になるが、直しとなると
縫い目も気にならない・・というのが私向きだからかな(笑)

私は中学高校と、女子校に通っていた。
裕福な家ではなかったが、両親の思うところがあり、急きょ受験することになった。
入学してからは、何かと揃えるものも多く、母もやりくりに大変だった事だろう。
夏のブラウスは1枚しか買ってもらえなかった。
帰宅してから私は、毎日自分で洗い、自分でアイロンをかけた。
1枚しかないから、仕方なくやっていた。

書道の時間、ドジをして、ブラウスに墨をつけてしまった。
昔の墨汁はなかなか落ちず、たった1枚しかないブラウスに墨の痕が
くっきり残ってしまった。
1枚しか持っていない事が友達にばれたら恥ずかしい・・と思ったけど、母には言えなかった。
幸い、その事で、友達からは何も言われなかったから、だんだん気にならなくなり、
少しずつ、墨の色も薄くなっていた。
ある時、担任の女の先生に、
「ブラウスを1枚しか持っていないから、毎日、自分で洗って、アイロンかけているんです。
恥ずかしくて・・・」
と、愚痴っぽく話した。
かわいそうねーと言われると思ったのに、先生はとても褒めてくれた。
「自分でやってすごいじゃない!偉いわね!将来役に立つわよ。
ぜひ続けてね!」と。
それから、私は、1枚しかもっていない事が全然恥ずかしくなくなった。
褒められると嬉しいもの。単純な私はなおさらの事。
中2まで1枚で頑張って、3年生なった時、きつくなって買ってもらった時は
嬉しかったけど、先生の言葉に支えられた2年間が、大切に思えたな・・。

もう30年近く前になる話だが、今でも思い出すと、ちょっと嬉しくなる話だ。
そういう気持ちがずっと続いたかというと・・
全く忘れて、過ごしていた時の方が長い(笑)
でも、繕っている時にその事を良く思い出す。
そういえば、校章の入った靴下も1足が高くて、よく自分で穴が開いたら縫っていたっけ。
今は、買い替えた方が安上がりな物も多いけど、
まだ使えるって!発見した時の喜びは、なかなかのもの。

家にいても、バタバタと忙しい我が家。
体調を気遣ってもらえる暇もない(笑)
そんな時の方が、私の体調もいいんです。

一緒にがんばりましょうね!
Category: 日々の事
IMAG0277_1_1 (302x450)

昼間の厳しい暑さも、夕方になると、気持ちの良い風が吹いて、少しホッとする。
今日は、主人とお墓参りに行った。
寒がりで、扇風機の風も嫌いだったおじいちゃんを・・思い出す・・。

ゼローダの副作用で、むかつきがなかなかおさまらない。
プリンペランを飲むと、少し楽になるけど、
むかつきは続くのかなー(*_*)
ちょっと憂鬱な日々を過ごしていました。

ゼローダと決まった日に、息子にもこれからの事を話さなくちゃ、と主人に言った。
「そうだな、ちゃんと伝えたほうがいいな。あのさー、完治しないって、本当なの?」

「えっ?どうして?っていうか知らなかったっけ?」
と、とぼけて言う私。

「さっき電話で話しているの聞いたからさーなんかショックだよ・・」

「肝臓に転移した時点で、延命治療なんだよ。抗がん剤も効かなくなったら、
次の治療になって、それが続くんだよ。でも、私は生き抜くからね!そのために頑張っているんだから!」

と・・・息子に言う前に、主人に言う事になるとは・・・。
分かっていなかったとは(-_-)・・

でも、主人に現実をしっかり伝えていなかった気がする。
1番そばにいて、話していたつもりでも、
そばにいるからこそ、言えない事が沢山あったのかな。
言えない分、もっと分かってほしい、という気持ちが
主人に優しくできなかったのか、気が合わないなーと思う事が増えていた。
なんだか、主人が無口になっているのも気になって。

主人は今、仕事が忙しく、休日返上で頑張っている。
あんまり心配かけるような事は言いたくない、と思う気持ちが
逆に私のストレスになって、ちくちく主人を責めていたのかもしれない。
今日、帰りの車の中で
「自分の事をほめるって大事なんだよねー
お互いに、自分の事を良く頑張ってるねーと沢山ほめてあげなくちゃね
私たち、頑張ってるよね!」
と言ったら、主人は自分の頭をなでていた。
思わず私も自分の頭を自分でなでる。ついでに主人の頭もなでてあげた。

優しくしてほしいと思ったら、優しくしてあげなくちゃ。
そんな風に素直に思えた1日でした。

夜、主人とふざけていたら、
「ほんと、仲いいよねー2人は(^_^;)」
と息子が言った。

そう、私たちはこれでいいんだ(*^-^*)
なにか沢山話したわけでもないし、
喧嘩もしてないから、仲直りという事もないけれど、
心のつっかえがとれたように思うのは、
自分の心が変わったからかな・・
Category: 家族の事
IMAG0264_1 (184x300)

13日の夜からゼローダの服薬開始。早速副作用が出始めた。
手の平から指先にかけてのピリピリ感。
足の裏も一緒にピリピリする。
アブラキサンの時はここまで感じなかったから
これが、手足症候群なのかな。
ゼローダと一緒に処方してもらった、ビタミンB6を補うピドキサール。
保湿のための、ウレパールクリーム。
症状が出てからでは治りが遅いため、早々と副作用対策開始しています!

このウレパールクリームは、TS-1の時にも処方してもらった。
TS-1の時は手の甲の痒みを伴った湿疹がひどくて、使用していたが
減薬したら、症状が出なくなった。後、下痢がひどかったな・・。

ハラヴェンの良かった所。
〇脱毛がなかった事。順調に体中(^^;発毛中です。(髪の毛以外はいいのにね(^^;
〇点滴の時間が短かった事。15分くらいでした。眠りに落ちる前に終わっていました(^^;

ハラヴェンが合わないな、と感じた所
〇発熱があった事。抗がん剤開始から初めての発熱。高熱ではなかったけど。
〇みぞおちの痛みが頻繁になった。これが1番辛かった。
〇月曜に具合が悪くなった事。これは私しか分からない事だが、いつも火曜日に投薬で、
 月曜はいつも体調良好だった。それが、ハラヴェン開始から、予測できない体調不良に見舞われ、
 不安になった。心が常に不安な状態も、初めての事。

今も食欲不振が続いて、アブラキサンの頃より、2㎏落ちました。
腸の調子はいいけど、ムカムカする状態が続いている。
お腹が空いたーというのがここしばらく無いかな。

さきほど、友人が旅行先の山梨から、巨峰と桃を送ってくれました。
待ちきれず、桃を一口食べて・・・(^-^)
友人の思いと、新鮮な桃の甘さが口いっぱいに広がって・・(^-^)

焦らず、焦らず、今の自分を受けいれよう。
沢山の優しさに感謝しよう。

いつもありがとう

Category: 副作用
IMAG0268_1_1 (269x400)

昨日は通院日。
お盆休みのない病院は、いつもと全く変わらず、人が溢れていた。
今後の治療について、色々調べたり、実際使っている人の話を聞き
私の中で「ゼローダ」に決まっていた。
体も血管も、病院通いも一休みしたいというのが本音かな。

主治医に、ゼローダにしたいと伝えたところ、
「分かりました(^-^)」と言って、すぐにゼローダの説明書を持ってきてくれました。
「先生・・あの・・タキソテールの方が本当はいいのにって思ってたりしてます?」
と往生際が悪く、聞いてみた(^^;
「そんな事ありませんよ。もしそうだったら、bunkoroさんに初めから
どっちにするかなんて聞かないですよ(^-^)
どっちみちゼローダの次はタキソテールだからね」と主治医。

その言葉で、ほっとする私。
その後は・・・
映画の話しで盛り上がりました(笑)
主治医が、意外にもジブリ作品と、ディズニーが好きな事が分かり、どの作品がいいのか
お互いに言い合った。
「やっぱり、自分が一番充実していた頃の映画が1番良かったなー
大学生の頃かなー。今は、見る暇ないからねー」と主治医。
主治医というより、友達と話しているような気持ちになりました(^-^)
先生ありがとう。

次の通院日は9月10日!
わーい(^^♪こんなに開くなんて、本当に久しぶりです!
みぞおちはたまに痛むし、食欲もないし、しびれはあるし・・・
腫瘍マーカーだって、肝臓の腫瘍だって、そのままだけど、
心は元気な私です。

最近、治療について、色々な方向から見るようになりました。
見れば見るほど迷った時期もありましたが、今は自分に合う治療、納得する治療の
方向性が見えてきたように思います。
抗がん剤は「細胞毒」という記事を読み、これだけの副作用があるのだから
当然と分かっていても「毒」という字を見ると、怖くなりますよね。
休みなしで、抗がん剤治療をしている私は、毒を体に入れて、自分の大切な細胞を
失っている・・と思ったら、抗がん剤を止めて、治療を切り替えようかと何度も思いました。
でも、先日、癌の方ではないのですが、くも膜下出血で生存率5%という重篤な状態から
復活した方に会いました。奇跡的に助かった後は眼球が動かなくなり、失明の危機にさらされました。
その時、視力を失っても、動けなくても、私は生きる!と覚悟を決めたそうです。
その後、辛いリハビリを乗り越え、眼球は正常に動き、視力も回復しました。
感謝の日々で、与えられた命を、苦しんでいる人の為に、使うと話してくれました。

「生きる覚悟」
この言葉に、常に抗がん剤におびえていた自分が見えてきました。
確かに、いつまで生きられるか保証はないし、明日何が起きるか分からない日常です。
でも、それを恐れていたら、不安のない人はいない事、不安に思っていても仕方がないと思うのです。

全てを受け入れるのではなく、賢明な判断、違和感を感じたら、きちっと訴える事、
自分の命を守るために、越えなければいけない様々な壁もありますが、
「生きる覚悟」を思えば、当然のように思えてきます。

そう思ったら、「次が合わなかったらどうしよう・・」
という不安が消えました。
「ハラヴェン」で体に合わないな、という経験をしたのも良かったのかもしれません。
いい事も悪い事も経験者の言葉は強い!と自分の「大切な持ち物」になりました。

今日は息子は海に行っています。
1376455009698 (300x169)
妹家族と旅行中です。
息子に今の気持ちと、これからの治療について、正直に話そうと思っています。
この顔を見ると、ためらいますが・・・・(泣)
大切な息子だからこそ、伝えたい!と思っています。

皆さんとの繋がりがあって
いつも1人じゃないって思える事
本当にありがとうございます

次の通院日まで、楽しみも入れながら頑張ります(^-^)

一緒に頑張りましょうね!


昨日、息子が合宿から元気に帰って来ました(^-^)
ひたすら勉強・・・(-_-)と合宿のスケジュールを見て、
パニックになっていないかと(笑)
心配していたが、友達の力は絶大!
楽しく過ごしたようで、又成長を感じた瞬間でした。
お疲れ様~
あとは学校の宿題・・・毎年、私も巻き込まれる自由研究・・・
今年は1人で頑張ってね

一昨日、甥っ子が初の高熱を出し、心配したが、
今日になって熱も下がり、落ち着いたそう。
あー良かった!!
IMAG0235_1 (188x300)
来月1歳になる甥っ子。昨年は妹が緊急入院したり、大変でした。
でも、元気に成長している甥っ子を見ていると、遠い過去のように感じます。
もうすぐ、よちよち歩きそう(^-^)
誕生日のプレゼントは靴にしようかな。

母が妹の所に行くことになり、留守番していたら、近所に住む甥っ子たちがやって来た。
「今日は、ババの家で宿題やって、ご飯食べてきてー」
と母である末妹に言われたそうだ。私は聞いてない
「今日、読書感想文やらないと、明日の映画は中止ってお母さんに言われた」
と、2年生の甥っ子。
「あっそう・・」と私。

それからは大変でした。
洗濯の合間に、昼食の支度の合間に、甥っ子に付き合って。
疲れたー、とだれる甥っ子に
「誰の為にやってるの!明日、映画中止!」
と私もイライラして、2回も泣かせてしまった・・(;一_一)
本当は今日出掛ける予定だったのにーと心で思ったりして。

6年生2人も巻き込んで、
なんとか、かんとか、3時に終わった・・・。
アルバイト代もらいたいくらい、私も頑張りました(笑)
その後は
IMAG0266_1 (207x300)
ゲームの時間。
手前が、2回泣かせた甥っ子です。
生意気だけど、可愛い甥っ子です(^-^)

明日は通院日。
私の中では、ほぼ次の治療へ、心が決まりましたが、
主治医と話して、明日、答えが出ます。

今年の夏は、旅行を諦め、体調に合わせて、のんびり過ごします。
主人や、息子は、それぞれ旅行を楽しむ予定で、それはそれで家族が元気なのも嬉しい!
最近は、出来ない事を悔やむ事が無くなった。
それよりも、出来る事がある事が嬉しいと、
心から思えるようになった。

1日1日がとても大切な事。

IMAG0234_1_1_1 (456x500)
先月の花火大会。とても美しかったなー

一緒に頑張りましょうね!
Category: 日々の事
IMAG0259_1_1 (350x255)

今日から息子は3泊4日の勉強合宿に行った。
勉強合宿では、山にこもり、静かな環境で、ゲームや携帯、テレビもなく
勉強に集中するそうだ。
私は、「止めといたら・・?」と言ったのだが、
「友達も行くっていうし、一緒に行こうって誘われたんだ!(*^-^*)」と息子。
私が、「行きなさい!」って言うより、
友達の力は本当に大きいなーとしみじみ思った。

集合は上野駅。
今朝は、体調も良かったので、バスと電車をつかい、息子と2人で向かった。
朝は、トイレを心配して、食欲もない息子。
バスがなかなか来ないのを心配していたら、酔い止めが欲しいと言い出す(^^;
この心配性は、まさに母親譲り・・・そう私とそっくりです(^^;
隣に並んだ息子は、えっ!!私の身長を越していた・・・。
さすがに手をつなぐ年でもないし(笑)大きいバックは息子が自分で持って
久しぶりに、朝の満員電車に乗った。
こんな風に、送るのも、もうないだろうなー
来年は自分で行けるだろうし・・・行けなきゃ困る!
なんて、思っていたら、私も来年、元気でいなきゃ!と
又しみじみしてしまった・・。

5分前に着いたら、殆どの子が集まっていた。
息子は友達を見つけ、駆け寄って嬉しそうにしている。
もう、私の方を振り向かない。
そっと、肩をたたいて、「帰るね」と言ったら片手をあげるだけの息子。
さっきまで、時間に着くか心配で心配で、私の横にぴったりついていたのにね(笑)
楽しみながら、頑張っておいで!
お母さんは、無事に帰ってくる事だけを、祈っています(^-^)

息子1歳の頃です・・・
おしゃぶりをいつも自分で、くるっとまわして反対にしていました(笑)
幼稚園に行くまでは、毎日、いつも一緒だった息子。
3年生までは、なんでも付き添いで、一緒に付いていった。
だんだんと親元を離れていくんだなー・・しみじみ・・・(-_-)

CTも、腫瘍マーカーも結果は悪かったのに、
みぞおちの痛みが無くなりました。
なんでだろう・・・
心の不安が解消されたからなのかな・・・
とても楽観できる状態ではないけど、
心がとっても軽やかなのは、心が癌に負けてない証拠だ!

いつもありがとうございます!
沢山の人に支えられている事を、心で感じます・。・。☆・。・。☆
一緒に頑張りましょうね(^-^)
Category: 息子との事
IMAG0234_1_1_1 (584x640) (294x350)

今日は通院日。
先週のCTの結果と、腫瘍マーカーを聞く日。
最近の体調不調や、上昇していく腫瘍マーカーの事もあり、
結果を聞いて、一喜一憂しない覚悟ができていた。
そして、もしも・・・・の場合、初めてセカンドオピニオンも・・・・という
ちょっと逃げの気持ちもあったり・・・。
ま、とにかく結果次第!と腹を決めて、診察室に入った。

主治医が、
「元気だった?よく眠れてる?」と開口1番に・・・
優しい言葉は、悪い結果を予感させる。

案の定
CTの結果、肝臓の腫瘍が大きくなっていた。
いつも痛いと思っていたみぞおちの辺りに、5、6センチ大の腫瘍。
そして隣にも小さいのが1つ。
後、右下にこれまた大きい5センチくらいの腫瘍がありました。
腫瘍マーカーも、さらに上昇し、CA15-3は間もなく200に届きそう。
うーん。
私はハラヴェンとは相性が合わなかったようです。
でも、ハラヴェンを開始した頃から、なんとなく・・・なんとなく
合っていないような感じがあった。
心の不安も、なかなか取れずにいたのも、痛みのせいだけじゃない気がしていた。
だから、今回の結果で、みぞおちの痛みは、大きくなった腫瘍のせいだと
分かり、納得し、あらためて、効果がなかった事を自分で確認できました。
ちょっと心配してた、肺への転移は見られなかったのには、一安心。

次の治療はタキソテールかゼローダになる。
今日から、開始するところを、白血球が低い事もあり、
来週からという事になった。
主治医は、いずれはやる事になる抗がん剤だから、
どちらから始めても良いと言う。
ずっと突っ走って治療を続けてきたから、休ませてあげたいけど、
そうもいかない。良い結果を出して上げられず、申し訳ない。
と主治医。
先生が悪いわけじゃないのに、先生も頑張ってるのに・・・
先生の言葉にちょっと泣きそうになる。

さー!
次の治療でとどめを刺すぞー!
腹が決まっていると、うろたえず、冷静に考える事ができる。
副作用や、薬価を調べて、現実に向き合った。
又、みなさんからの助言も頂きたいのでよろしくお願いします!

コメントのお返事が滞っていて、本当にごめんなさい。
ここでリセットして、これから頂くコメントにはお返事します!
又、みなさんの所にもお邪魔させて下さい。
やっとそこまで、気持ちが上がってきました!
いつもいつも本当にありがとう(*^-^*)
一緒に頑張ろう、一緒に闘おう、って言葉と、
いつも遠くから、見守ってくれて、本当にありがとう☆彡

これからもずっと一緒に頑張りましょうね!
絶対にあきらめない事。
絶対に負けない事。
みんなで一緒に!

☆・。・。☆・。・。bunkoro・。・。☆・。・。☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。